上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、練習はお休みです、子供達が通っている中学校の総合発表会

(文化祭)の為。

しかし、最後の大会まで練習日が少ない為(7日はテスト前)明日1日

に振り替えて練習します。

話は変わりますが、新庄選手本当に引退するのですね、シーズン初め

今シーズン限りでユニホームを脱ぐと言ってましたが彼特有のパフォー

マンスかな、プレーオフ一位通過で撤回するのでは・・・・・と

思っていたのは私でけですか?
... 続きを読む
スポンサーサイト
本年度の大会もあと一つとなりました。

また冬の体育館での練習がはじまります。

12月になりグランドに霜柱が出来るようになると、其の日から体育館

での練習です。

その年の降雪量によりますが、来年の三月いっぱいグランド使用禁止で

す、4月に入り中旬にはもう大会が有ります、グランドでの練習無しに

大会当日を迎えたこともあったようです。

他のチームは車で20~30分の所ですが、3月になればグランドが使

えまる、こんな所にもハンディがあります。

こんなことを考えていたら心まで、もう冬ですね。。。。

でも最後の大会は是非一勝するぞ~。
先日高校生ドラフト会議が終わった、希望する球団、希望しない球団

に指名された高校生が居る。

ドラフト会議がある事に賛否両論があります、個人的な意見としては

自分の入りたい球団に入れないのは可哀想と思う自分と、好きな野球

で生活していけるならどの球団でもいいのではと思う自分が居ます。

お金が絡んでくるから、余計にやっかいな事になる、会社員でも同じ

仕事をするなら給料が良い会社に行くだろうし、でも給料は安いが

この会社の方が人間関係がうまくやれそうだからと決める人も居る。

全てがお金では無いと思うが、考えれば考えるほど良く分からない

ドラフト制度。



思い道理に成らないのも、これまた、我人生。




我チームで一番欠けているもの、それは競争心。

人数が少ない為、平々凡々と練習していても自分のポジションを奪われ

る事が無い、A君と競争して自分のポジションを死守する事など必要

ない、よって競争心など皆目なし。

そこで競争心をあおる為ベースランニングリレーをやった、一年生対二

年生、ファースト、サードからスタートしベースを一周、バトンはボー

ルでもタオルでも良い最終ランナーは一周してマウンドまでのリレー

です。

足の遅いのは、いかに小回りが出来るラインを取る事が出来るかが鍵

足が速くても大回りをすればタイムは遅くなる、自分が口でライン取り

を教えるよりは、はるかに自身で良いライン取りが出来よう考える。

一石二鳥の練習方法でした。


三年生は総発の準備の為全員不参加、一線を退いたので練習は来なくて

良いのですが人数が少ない為手伝っています。

一年生3人二年生3人でした、この前考えた練習をするにもってこいの

ポジションの子供達が集まった。

センター定位置からホームに、レフト定位置からホームに、直線を引い

た。サード、ショート、セカンドがカットに入る練習、狙いどうりカッ

トマンはホームベース外野手が取った位置の一直線上にカットに入れた

はたして、この目安の線が無くなった時どうなるか、そんな事を考える

よりは反復練習あるのみ。


なかなか良いアイディア練習でした。


自己満足のちよいワル親父。
自分の経験で話します。

ちょいワル親父は偉そうな事は言えません、安易な考えでセレクション

を受け、結果スポーツを武器に高校に入ってしまったのですから。

ちょいワル親父は高校まで野球をした事がありませんでした、(遊び

ではしてましたが)、何ゆえに合格したのか分かりませんでした。

中学の担任に呼ばれ、お前一応入学試験は受けて貰うが未だ他の生徒は

これから入学試験だから、あまり浮かれていない様にとの事。

と言う事は、俺は高校に受かったのか。。。。。?

... 続きを読む
2006.09.21 問題だ~?


優秀な子供達が他県の高校に引き抜かれている事が問題だ、私立高校

が自校の名を売る為スポーツで全国区になる事が学校経営に有利にな

る、学校にもそんな思惑があるのだろう。

私立校に限った事ではない、あるスーポツで県で何連覇し全国大会でも

優勝したことがある県立高校ですら監督の家に下宿させている他県の

子供達が居る。

子供達は、只純粋に良い指導者が居る所に行きたいと思っているだけ、

それを良い事に、他県から優秀な子供達を集めてしまうのだろう、

全国的に名前が売れてくると、そうせざるを得ないのだろうか。

子供達も、あそこの高校に行けば全国に一番近いからと、考えているの

かもしれない。

子供達の事を考えると、ダメと言えない部分もあるのかな。

他県の子供達のおかげで、我母校が甲子園に行っても面白く無いのは、


ちょいワル親父だけですか?



来春の甲子園に繋がる大会が始まっている、県の地区予選を勝ち抜き

16校で県大会が始まる。

ベスト3が近県5県による大会で優勝、準優勝となると甲子園出場が

ほぼ確定する。

県の地区予選を勝ち抜いた4校の中にレギュラーではないが、我弱小N

クラブ出身の子供が2人いた、自分が教える前の子供達です、でも嬉し

いですね。


目指せ、甲子園。。。。
2006.09.19 問題点part2
今までの試合で、塁上にランナーが賑やかく居たなんてそうはない。

ヒットも出たり、フォアボールもあったりで塁上は賑やかだ、しかし

サインの見落とし、塁から離れてサインを見ているので牽制アウト。

少年達には私のサインが理解出来ないのだろうか、不安のまま盗塁、

セカンドタッチアウト。。。。。。?

バッターボックスを外してサインを見ることが出来ない、余裕が無い。

今までサインを出した事が無かった、と言うより出す機会が無かった

バッターボックスでのサインの見方、塁上でのサインの見方等々教え

なければならなくなった、裏を返せばそれだけ今までより出塁率が

上がったのだろうと、ちょいワル親父は一人喜んでいます。

2006.09.18 問題点
外野フライが取れない、これは練習時の自分のノックの仕方が悪い。

ライナー的打球、頭の上を越すような打球、左右に振る打球、前進ダッ

シュで取るかワンバンドで取るか判断が難しい打球等、自分が打ち分け

なけれがいけないのだが、取り易いフライしか打っていないことに

気づいた。

あるテレビ番組で取り上げていた監督さん、自分がその番組を見たわけ

ではないが、かなり高精度で自分の思う所に打球を打つことが出来る、

この監督さん曰く打球を取れた嬉しさ、もう少しで取れたのにと言う

悔しさ、この両方の気持ちが大切だと言っていたとの事でした。

ノックの精度を上げろ。。。。。


ちょいワル親父(反省)
一回の表相手の攻撃、見事三者凡退、えっ、今まで三者凡退ってあった

ピイッチャーH君公式戦初登板、素晴らしい立ち上がり。

一回の裏一番サードエラーで出塁、送りバンドのサインを出す前に、ラ

ンナー飛び出しアウト、今までサインを出す機会が無く勘違いしたよう

だ。

二回ツーアウトまで簡単に取る、その後二者続けてフォアボール、簡単

にダブルスチール、八番追い込むも振ったバットにボールが当たった

感じライト前ヒット、フォアボールはやはり怖い。

とこんな感じで10対3でした。

問題点が幾つか見つかった、今までは幾つかではなく多数あった。

題点が試合ごとに少なくなっていくことを願う、またこの問題点

を練習時に再現して実際に悪かった所を子ども達に確認してもらう。

今までは再現する場面があまりにも多くて、自分自身も分からなくなっ

ていた、攻撃面、守備面双方修復出来れば、この試合はけして勝てない

試合ではなかったと思う。

それが出来ないから苦労する部分もあるのだが、少しでは有るが光が

見えてきた。

まだまだ課題はあるが、少し手ごたえを掴んだ試合でした。


目指せ公式戦一勝

2006.09.16 負けました
今日の対戦相手は我クラブ同様、部員数の確保が難しいチームでした。

ほんの少しではあるが、勝てるのではと、思っていた。

しかし、部活でも練習しているチームと、我チーム一週間で一日の練習

しか出来ないチームとの差が出てしまった。

どんなチームでも継続は力なりです、毎日コツコツ練習をしているチー

ムには敵いません。

その他のチームの試合も見てきました、今までほどチーム格差が無い

今冬、地道に練習すれば来年は何とかなりそうだと、ほんの少しでは

あるが光が見えてきた。

本日の試合の詳細及び分析は、後日報告します。
心配された天気も、今朝の天気予報だと大丈夫そうだ。

只心配なのは、いつもの連係プレー、夏休み明けの練習でなかなか全員

揃わなかったので未だにくの字にへの字。

このシーズンオフの練習課題は連携プレーに徹しよう。

そこで思いついたことがある、ホームベースから、レフト、センター、

ライトに何本か直線を引き、中継に入る位置の確認をさせてみようと思

う。


我ながら良い考えかな?


明日の対戦相手は我チームと似ている、1.2年生で10人試合結果を

お楽しみに。
2006.09.14 それぞれの道
この夏の甲子園の大会ほど野球観戦(テレビ)をした年はなかった、

その後の彼らの動向にも注目していた。

大学進学、プロ野球希望、社会人野球、それぞれの道を選択した、今後

に期待したい。

他にも道はある、人それぞれ一応ここで区切りをつけ他の道に進む者、

全ての球児にエールを送りたい、ガンバレ。

そして、どんな形にせよ野球に携わっていて貰いたい、君達は子供達

の先導者だから。



ガンバレ野球人
斉藤佑樹君は中学時代は、軟式野球をしていたみたいですね。

これで自分が教えている子供達にも、自信を持たせる事が出来る。

学童の中には、シニアに行こうと思っている子供もいます、高校に行っ

て野球をやろうと思った時はたして軟式でいいのか、硬式をやっていな

ければ不利なのかと、思う父兄も居ると思いますが、どちらでも良いの

ではないか。

自分が思って居た事は、間違っていなかっと思う。

一番大切なのは、強い信念、やる気、負けん気、努力、野球を思う

強い意思と少しの才能かな。。。



さすが指導員チーム、まだ現役で社会人でプレーしている人も居る、

大差で負けた。

でも、このチームと対戦出来た事は子供達にとっては良い経験だった

と思う、日頃指導しているからには指導員達も無様な所は見せられない

子供達もいつもの練習で、試合で指摘されている所を少しでも改善して

いるところをみてもらいたいから本当によくやった。

何人かの子供は悔しくて泣いているいる者も居た、今まで大敗しても

泣く子供はいなかった、今回の試合は負けても仕方ないと思っていた

はず、でも悔しかったのだろう。

いつの大会も負けてばかり、しかし、今回の負け試合で何か掴んでくれ

たら幸いだ。


悔しさをバネにガンバレ少年
2006.09.11 合宿一日目
午後2時より練習開始、学童、少年と別々に練習をする。

その後合宿初日恒例学童VS少年の試合をする、塁間学童仕様ボールC号球

少年ピッチャーは、経験無しがピッチャー、本気で投げない等々特別ル

ールで試合をやった。

少年曰くピッチャーが近くだから怖くて思いっきり打てない、ピッチャ

ー曰く手加減してストライクを取るのは難しい、等々理由はあったが

なんと学童に負けた。

負けパターンは今年の全ての大会といっしょ。。。。

学童に花を持たせることになっているのだが。。。。。

これで少年の4連敗?????

少年の中には本気を出す子も居る、最後はちょいワル親父も


少し本気を出しました。


なんとも大人げない。。。



2006.09.09 合同合宿
昨日六年生の子供が来た、学童と中学の交流試合をやりたいから、明日

学童の監督に言ってもらいたいとお願いに来た、

考えてみれば毎年やっている。

次期エースは、息子に明日の学童との試合で俺投げたくないと言った、

学童に打たれるのがいやだ、情けない次期エース。

とにかく楽しく、怪我無く、充実した合宿にしたい。
今六年生は8人います、そのうち何人かシニアに行くみたいです。

5人入らないと、20年度人数不足になる。

毎年、毎年人数的には綱渡り状態です、過疎に悩む地域どうしたら良い

か困ったものです。

このまま推移していくと中学校も合併するでしょう、悲しいかな其の方

が良いと言い出す人も居るかな、だって隣の中学には部活で野球部が

有るから。

自分でもどうにも成らない事が多過ぎる。




2006.09.06 合宿
恒例の一年に一回の合宿があります、学童と一緒です。

土曜日の午後から共同で練習、そのご某セミナーハウスに宿泊。

日曜日、練習試合、学童は隣村のチームと、少年も隣村のチームと

対戦予定だったが人数が揃わないとの事で大人チーム(監督コーチ、

父兄)連合軍との対戦です。

その後、食事会をして解散。

たった二日だが子供達はおおいに楽しみにしています。

後日、試合結果はご報告致します。
学校の部活で野球部がないので一週間に一回の練習、他のスポーツの部

活に入っているので体力的には問題は無い。

しかし、一日4時間の練習では限れてしまう、少人数なのでノック、

バッテングなどは他チームに比べると倍位、一人に時間を使う事が出来

いいのだが、レギュラーがなかなか全員揃わない。

26日も一人は部活の大会で休み、もう一人はプロ野球観戦の為休み

前キャプテンとにかく休み、これは居ても居なくても体制に影響ないか

らどうでもいい。

最も重要視している連携プレーができず、ほんと頭が痛い。

まだ指示をしても、中継に入る位置が分からず動作が遅い、ようやく

センターからホームベースのラインが良くなったと思ったら、次の

練習日にセンター欠席、また逆戻り。。。。。

こんな事の繰り返し、でも地道にこつこつと。。。。。


諦めません、出来るまでは。


話題が暗すぎる、せめてテンプレートだけでも明るく行こう。
2006.09.02 悲しい出来事
本日の新聞記事より   部内暴力予選出場辞退。

こんな事で来春の甲子園を諦めるのかい、まだこんバカゲタことしてい

るの?何処の高校もそうなの、違うよね。

ここ数年県大会もいい所まで進んで行った、この夏の大会豪雨災害にも

負けず頑張ってベスト4まで行ったのに、決勝戦まで行った事もあった

のに、何故、何故。

今年の5月にも上級生が下級生に暴力を振るって警告処分、何故にまた

同じ事をするの、前回の教訓が生かされていない。

下級生が生意気?、練習をさぼる?、下級生にポジションを奪われる?

自分達も一年生の時やられたから?年が一つ違うだけで理不尽な事が

沢山ある、でも下級生は一言も上級生に言えないよ、でもそれを言った

から?良い事だけを下級生に教えて行く事が伝統、悪しき事は断ち切っ

て前に進め。

こんな事くらいで。。根性論、違うよ。

何故野球をしているの、暑い日、雨の降る日、雪の降る日、少々風邪

で熱があっても野球をやるのは、好きで好きでしょうがないからだろう

こんなつまらん事で。。。。。

あらゆるスポーツで言えること、スポーツを愛していればこんな事しま

せん。








お前、子供達に野球を教えていてそんな事も分からんのかと言わないで

下さい、恥を忍んでお願いします。

1 スパイク、どうして本体とラインが同色じゃなければいけないの?

 メーカーが一目で分かったらいけないの、派手だからいけないの?

2 最低10人いないと大会に出場出来ないの?(ルールブックに載っ  てますか)?

 9人で出場して試合をし、途中怪我などで8人になった時点で試合
 続行出来ないので負けです、じゃあ相手に対して失礼だからですか?

基本的な事かもしれません、是非分かる方教えて下さい。


お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。