上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全日本少年野球大会の市内予選の組み合わせが決まった。

出場6チーム、勝ち上がって行くと8月13日~16日まで横浜スタジ

アムで開催する全国大会へと繋がっていく大会です。

ちょいワル親父はPTAの役員会があり抽選に行けなかった、役員さん

からメール貰った、なんと優勝候補のEクラブなんでそうなるの?

家のチビ曰く事実上の決勝戦と思えば良いよ・・・・

おいチビ、余りにもレベルが違うでしょう・・・・

なんの、なんのやってみなきゃわからんよ親父・・・・

そう前向きな考えも必要かも・・・・

昨年までの様な事は無いとは思うが・・・・18対2・・・・

今からちょいワル親父が弱気ではダメダメ、元気出していきましょう。

4月28日の結果を皆さんお楽しみに。

確実に去年よりはEクラブに近づいていると思うけど・・・・・?

今年こそ公式戦一勝。


打倒Eクラブ




スポンサーサイト
今朝の新聞を読み愕然とした。

専大北上高校の記事、解散が決まった、プロ野球の西武の裏金問題に端

を発している。

北上高校の野球部の子供達の事を思うと胸が痛くなる。

子供たちは大人たちの私欲の犠牲者であろう。

でも、北上高校だけの問題なのだろうか、全ての高校とは言わないが

多かれ少なかれどの県でも有るのでは?そんな噂は聞きますよ。

ちょいワル親父もセレクションを受け高校に行ったのですが入学金も

収めましたし、授業料も納めました、まぁ、ちょいワル親父とは次元の

違う子供達でようね、奨学金を貰えると言うことは。

一人一人野球を通しての夢があると思うと悲しいですね。

同好会として野球の練習が出来るのは何より救いですが、でも対外試合

も出来ず、公式大会の出場も出来ない子供達がモチベーションを上げて

どこまで練習が出来るか気がかりです。

中学の時ちょいワル親父は経験しました、部活は野球部が無かったので

サッカー部でした、三年になり突然サッカー部が廃部・・・・

他の部に入部することなくサッカーをしていたんですが・・・・

皆さんの想像通りの結果でした、難しいですよ。



13人目の入部者が来ました、驚きですシニアに行くと言っていた子供

だったので正直驚きました。

チームで一番小さな子です、しかし学童野球の頃はキャプテンでした。

小学三年の頃より監督(祖父)コーチ(父)の元みっちり鍛え挙げられた子

です。

ちょいワル親父が思うには、少々なげやりなところががあるのが気に掛

かる、試合で負けてきたり、自分が三振などするとふてくされ泣いてい

た、まぁ祖父や父が監督、コーチなら仕方ない部分もあるなかな。

この日も、祖父に連れられて来た、本人はシニア行くか我クラブに行く

か悩んでいたようだが本人が決めて我チームに決めたと祖父は言ったが

どうも様子がおかしい、無理やり祖父が連れて来たようだった。

でも野球に対する情熱が元来ある子供なので上手に育てて行けたらと

思う。

監督業って楽じゃないですよ、練習とか試合とかの組み立てなどは良い

のですが、選手の起用等なかなか親は煩いですね、増してやちょいワル

親父の子がレギュラーですから。

昨年までは11人居たんですが二人は野球経験の無い子供でしたから

選手起用についての苦情は無かったのですがね。

今年は雑音が煩いですよ、二つのポジションを一年生6人で争うのだか

ら、ちょいワル親父の耳にも入って来るかな・・・・?

学童の時保護者会長をしていた時よく言われた、負けているんだから

家の子供を出してくれてもいいじゃん・・・・?

その父兄が一年生の父兄、ちょいワル親父は負けません。

今シーズン最後の試合だったらちょいワル親父も考えるかもしれない

しかし、年数回しかない大会、負けはしているが子供達は決して諦めて

いません、そんな時ちょいワル親父が試合を投げるような選手起用は

しません、一生懸命戦っている子供達に失礼だから。

まぁ、こんな事を言った事もあります、「そんなに、お手手繋いで野球

をしたければ自分達で仲良しクラブ作って下さい」


ちょいワル親父も切れました~














いよいよ明日からホームグラウンドでの練習です、バッテングマシーン

も修理完了で使えるようになりました楽しみです、あすの書き込みにを

期待して下さい。
昨日の決勝戦ほんと泣けました、毎試合感動を与えて貰っている。

自分もその感動を味わいたくて高校野球の世界に入ったのだが、自ら

些細なことで放棄してしまった。

後悔なんて絶対しねぇよと、親に言って辞めた。

3年の時我高校がなんと甲子園出場、複雑な気持ちだった。

応援になんか行くもんかと行かなかった。

その時以来高校野球には意識して向き合わなかった。

今思うに、後悔していたのだろう。

卒業して15年ほど経った時、我母校が春の高校野球選抜大会の決勝ま

駒を進めた。

なんと春夏通して50数年ぶりの決勝戦だった、今回応援に行かなけれ

ば一生後悔し続けると思い応援にいった。

結果、優勝こそしなかったが高校生の一生懸命さが伝わってきた、もう

後には戻れないがもう一度向き合う勇気を貰った。

あの時応援に行っていなかったら、今のちょいワル親父はいなかった。

多くの子供達があの舞台に立てるように、応援したい。

全国の高校球児ガンバ、そして幸おおからん事を願う。

ちよっと感情的になったちょいワル親父・・・歳かもね?










ベース一式持参してグラウンドに行く、しかししかし、3:4:5

で直角三角形を作りいざラインを引こうとしたが、サッカーのゴール

ポストが邪魔をしている。

ゴールポストを避けて、最大限広く使える様ラインを引いたが、思うよ

うなスペースが確保できなかった。

でも土の上での久しぶりの練習は沢山の収穫があった、やっぱ外の練習

は全てに伸び伸びできて気持ち良かったと思う。

今度の練習からいつものグラウンドが使える、やっと我チームにも

球春到来。

レギュラーを次回練習後に発表したいと思っている、ちょいワル親父

としては一番辛いところ、お互い切磋琢磨して頑張って行こう。

何人かの親からまた抗議の電話があるかも・・・・・・・泣く・?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。