上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果から申し上げると、参考記録ながら5回コールドノーヒットノーラン

負けでした。

相手チームの攻撃内容を書きますと長文になりますので省きます。

我がチーム一回三者連続三振 二回セカンドゴロにセカンドフライと

唯一のフォアボール、一球目キャっチャー後逸しかしボールはキャッチ

ャーのすぐ横、無謀にもセカンドへ楽々タッチアウト、「お前はチーム

一の鈍足だろー」なんでかな~「コーチャーお前も分かっているんだろ

~」なんでかな~、自分を知れ。

三回2三振にセカンドゴロ 四回2三振にセカンドゴロ 五回ショート

ライナー、ファーストゴロに三振。

15アウトの内8三振なんでだろ~な、バッティグ練習の時は良いのに

バッティングマシンじゃダメかも、次回練習から復活しますよ、ちょい

ワル親父のバッティグピッチャー、肩と肘はボロボロですけどね。

恥ずかしい話ですが、ちょいワル親父はスコアーブックの見方はよく知

りませんでした、勿論付け方もです、しかし今年は違う、ちょいワル親

父も心を入れ替えましたから。

家のチビ曰く


我がチームのスコアーブックは綺麗だね











スポンサーサイト
昨夜おじんソフトがあった。ちょいワル親父はキャッチャーが専門、で

もおじんソフトってキャッチャーてそんなに重要でないみたいです?

結局サードを守る事になりました。

サード、草野球でやったことあるけど、体型はサードじゃないよ。

守備機会2回、サード後方の小フライ足がもつれ落球・・・

サードゴロ、難なく捌く・・・・・

いざ自分でやると思うようにいかない、教えると行うとは大違いです。

今夜はナイター練習、金曜日にまたオジンソフト一週間に夜3回は辛い

歳を考えホドホドにします。

打撃?そこはちょいワル親父ですよ、フォアボール二回とセンター横

二塁打?(若ければ)怪我をしてもいけないのでセンター横シングル

ヒットでした。

結局サヨナラ負け。。トホホ疲れました。
と言いましても親父達のナイターソフトのチームからです。

数年前も親父ナイターソフトをやってましたが、子供が空手を初めてか

は空手への送り迎えの為一年で辞めてしまいました。

其の空手小僧も今では野球一筋・・・・勉強はそっちのけです。

肩も痛いし、肘も痛いしソフトボールなんか投げれんよ・・・・

でも人数不足の為入ってもらいたいとの事、納得です人数不足ですもの

オファーが来る訳ですよ、もしかして数合わせ?

誰でも良かったりして・・・・?

怪我の無い様少しだけ頑張ります、ちょいワル親父。

26日に中部日本選抜野球大会の地区予選があります、しかし此処で又

問題が浮上したきました。

皆さんがご存知の様に、我チームの子供達が通っている中学には部活で

野球部が無いのです、その為サッカー部、吹奏楽部、卓球部に仕方なく

入っています。

6月に入ると中体連の地区大会が始まります、その為この時期練習試合

を中学として組んできます、サッカー部の練習試合が26日の大会と

重なってしまいました。

子供達にサッカー部の顧問と話し合うよう伝えた、あくまで自分達は

野球の公式の大会に出たいと思っているが良い知恵は無いか相談に来ま

したと、話を進めるよう子供達に言い聞かせた、決してサッカーは練習

試合だからとは言うなとも伝えた。

学校教育は、社会教育より大切だからと言われれば弱い立場のちょい

ワル親父です。

結果、野球クラブより二人サッカーの練習試合に来て貰えば良いとの

事、しかし其の二人が問題なのです。

サッカー部で話し合い二人を決めて貰うことにした。

三年生、一年生から一人づつになった、選手層の薄い我クラブとしては

二人といえども痛手である。

今から頭が痛い、先発メンバーをどうしょう・・・・・・

神様どうか私に良いお知恵を・・・・・・・・・



12日の試合をSCORE BOOKを見て検証したみました。

安打数 我クラブ5  Kクラブ5

塁打  我クラブ10 Kクラブ8

四死球 我クラブ2  Kクラブ6

三振  我クラブ9  Kクラブ2

エラー 我クラブ3  Kクラブ2

前回の試合でも与四死球6(イニング数4)、あまりにも多い。

ランナーを出すと急に制球力が無くなり連続して四球を与えてしまう

セットポジションだと早く打者側に突っ込んでしまうので直したいと

思うがなかなか直らない。

キャチャーの肩が弱いので少しでも早く投げたいと突っ込んでしまう?

連続四球よりは、ランナーがサードまで行ってしまっても打者に集中す

るよう指導するがダメである。

攻撃側から見ると四球の重要性、守備側から見ると四球の怖さを今一度

子供達に説明する事とする。

2007.05.14 12日の試合
本年度二大会目の試合でした、前回の試合内容を分析し今大会に望んだ

前回は外野手に問題があったので、現有戦力で最も信頼性がある選手を

外野に用した、しかし今度は内野がボロボロ上手く噛み合わない。

しかし子供たちは頑張ってくれました、これまでの試合は全てコールド

負けの試合でしたが、今回は最後まで試合が出来ました。

10:4で負けはしたが良く頑張った試合でした。

この時期、メンバーが固定していなければいけないと思うのだが、まだ

まだ固定出来ないのが辛いところです。

辛抱強く使いたいと思うのですが・・・・・難しい。

帯に短し襷に長し、ちょうど良いのはちょいワル親父の体重かな?

次回大会は大幅な選手の入れ替えがあるかも?





他のチームなら想定内の事だろう、しかし我チームにとっては大変な事

です。

サードのレギュラーが突き指の為、明日の大会に守れないのです、

昨年よりも一年生が多く入部したので、人数的には余裕が

有るのですが・・・・・

だからと言って即戦力とはいかないのが現状です、選手のやり繰りにも

一苦労です。

持ち駒を有効に使いたくても・・・・・・

弱音を言ってはおれません、最大限努力します。





このブログも、もうすぐ一周年です皆様のコメントに感謝致します。

今後とも、ちょいワル親父、弱小野球部を宜しくお願い致します。

2007.05.10 ナイター練習
昨日より水曜日の19:00~21:30まで希望者によるナイター

れんしゅうを始める。

地元社会人クラブチームとの合同練習です、ちょいワル親父は見ている

だけでと思ったが、この日は殆どの人が地域の消防団に入ってる為、操

法訓練の為参加者が二人、ちょいワル親父も結局指導しました。

学童のコーチ二名、社会人二名、保護者会長、ちょいワルおやじ、子供

たち七名で練習でした。

子供達は初めての経験です、いつもより気合の入ったキビキビトシタ

練習態度意ちょいワル親父は大満足でした。

子供達がこの頃変わってきました、いままで

大会関係者、他チームの監督コーチ保護者選手、審判団には挨拶する

よう指導してきたがなかなか声が出なかった。

しかし、ことしは挨拶が出来るようになり、ようやく他チームと同じ

スタートラインに着いたかなと思っています。

今まで何度か挨拶について言ってきたが出来なかった、そこでちょいワ

ル親父は自ら実践してみせた、まだまだちょいワル親父が言わないと

忘れている時も有るが、あ い さ つ、と注意すると駆け寄って行き

大きな声で出来るようになった。

野球をする前の基本ようやく他チームに追いついた感じがします。
自分は違う意味で驚いています、野球特待生制度を採用している高校は

もっと沢山有ると思っていましたから。

自分も私立高校卒業です、他県から4人来ていました、其の人たちが

特待生だったかは定かではありません、しかし確かに特別対応だった事

は確かでした、でも其の事は私たちは知るはずがありません。

他のスポーツが良くて何故野球だけがダメなのか不思議ですね、いつ

からアマチュアスポーツ精神てのが無くなったのかも不思議です。

実際に何人の人が家庭の経済的理由で其の制度の恩恵を受けて居るの

か、自分が思うに極僅かででしょうね、でも其の子供たちを救う他の

方法を高野連には考えて貰いたいですね。

最終的に辿りつく所が莫大なお金が動くプロ野球、そこに目標を定める

ので変な事になってしまうのかな。

書いていればいるほど、ちょいワル親父も分からなくなってきたので

このへんにしたい、でも最後にいっておきたい事がある


プロ野球の縮小版みたいな高校野球は見たくは無い。

2007.05.04 試合結果
結果から言うと2対12の五回コールド負けでした。

優勝候補との対戦で、ちょいワル親父としては楽しみな一戦でした。

一回の表、2番打者をフォアボールで出すも3、4番三振・・で0点

一回の裏、相手攻撃を難なく三者凡退。

これは当クラブ始まって以来の快挙では・・・・・?

スタートは上手に行ったのだが、終わってみれば上記の結果でした。

滑り出しが好調だっただけに、この流れに子供達を乗せてやる事が出来

なかったのは、ちょいワル親父の責任です。

打たれたヒットの数は5本(1本ホームラン)、この内エラーではと思う

のが2本、得点の割りにヒットは打たれていないのです。

では、何ゆえに12点なのか、四死球が7個、残塁0って事は自滅です

ワイルドピッチ5、パスボール2、ボーク3、一人相撲です。

フォアボール、ヒットでランナーを出すとたちまち続けてフォアボール

の連続。セットポジションでの投球の未熟さ、それと周りからのアドバ

イスであがってしまう気の弱さである。

原因は掴めた、後はいかに修正するかは、ちょいワル親父の腕の見せ所

いかんせ打てないのも致命的。

次回大会12日迄に間に合うのか・・・・・・?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。