上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代を感じさせる三角ベース。

自分達の小さな頃、今みたいにゲームがあった訳ではない、学校から帰

って来てすることと言えば、夏は川へ魚とり、秋は山へキノコ取りでし

た。

あとはと言えば、空き地での三角ベース、近所の子供達が集まっても、

せいぜい10人程度、5人で守るにはベースが多い、そこでセカンドべ

ースを無くした三角形の形になる。

ルールはまったく同じです、この少人数でアウトを取るには一人が何役

もこなさなければアウトを取る事が出来ない。

自然と自分が何処に移動すればアウトを取ることが出来るか考えるよう

になる、声を掛け仲間に何処へ移動するか指示をだす、連携プレーが大

切なことが自然と身に付いた。

先日の新人戦でのこと、自分の横を抜けヒットになるとその子供はもう

自分に出来る事は無いと判断し次の行動をしない、少人数での練習なの

で、走者を付けての守備れんしゅうが出来ない事も原因の一つです。

日ごろの練習は走者が居ると想定して守備練習をするも、実際に居ると

居ないとでは緊張感が違うのでなかなか自分の動きが身に付かない。

そこでちょいワル親父は考えた、三角ベースなら我チームでも出来ると

昨日の練習で二回目の三角ベース、段々と自分が取らなければいけない

行動が分かってきたみたいです。

9人で守る時とは動きは違います、でも自分が何処に移動すれば良いか

自分で考える事が出来るようになればそれで良いのです。







スポンサーサイト
2007.09.12 最近の出来事
今居る、一年生の中に二人シニアに体験入部した子供がいます。

兄がシニアで頑張っていたので、自分一人で体験入部するのが嫌だった

のか、友達二人と三人で体験入部した。

その兄はこの辺で有名な私立校に行った、惜しくも夏の大会ではレギュ

ラーではなかったが春までは控えのピッチャーだった。

そんな事もあって体験入部したのだと思う。

言いだしっぺの弟と、もう一人は我弱小チームに入ってきた、一人シニ

アに行った。

その子がシニアを退部したそうです、理由は定かではないのですが、な

かなか良いセンスを持っていたので、残念です。

同じ中学出身の先輩なり後輩が居なく一人孤独だったのかな、少人数

の中学からでは怖じ気ちゃうかもしれませんね、自分も経験したのです

が、如何に早く友達を作る事が出来るかがポイントだと思う。

出る杭は打たれます、足も引っ張られます、如何に耐えるかが重要かな

親の見栄でシニアに行かせたこともあり、我チームに入れて下さいとは

言って来ないと思いますが・・・・・・・

ちょいワル親父は心広く待って居ますが、親がどう思って居るかですね

こんな少人数の軟式チームに居たって・・・・・?、言われましたが。

と言うより、指導者に不安を感じていたのかもしれません。

野球が好きなら入って来い。












久しぶりの更新です。ようやく暑さも落ち着いてきました。

我チームも三年生が引退し、新たなスタートです。

14日に新人戦が迫っています、昨年同様人数不足の為三年生の力を

今年も借りなくてはなりません。

自分の息子と、自分の同級生の息子の二人です、どちらかと言うと、

高校受験より野球、野球バカですから。

でも非常に助かります。

先日、練習中に送球のボールが胸に当たり亡くなってまったと言う、

痛ましい事故がありました。

高校まで練習に行く位だから、素晴らしい選手だったんでしょう、野球

も好きで好きでたまらなかった子供だと思うと、本当に胸が痛いです。

自分も、子供達には練習中でもボールから絶対に目を離すなと言っては

いるが、今一度細心の注意を払う必要があると感じた。

ご冥福をお祈り申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。