上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.29 一安心
週一回の、この時期の練習だと話題にも苦労します、本格的な野球シーズン迄内容が少し逸れます

が、勘弁してください。

本日、チビの私立校の合格通知が届き一安心しているちょいワル親父です。

公立校の受検は3月11日、合格発表は21日です。

本人は公立高校が第一志望です、まだまだちょいワル親父は心配です。

学費が安い公立高校に行ってくれたら、親孝行な息子なんですが。

硬式野球に憧れているチビが公立高校に行くには理由があります、我母校私立だと硬式野球部は無

理だからです、決して公立高校のレベルが低いと言う訳では有りません、M校の硬式野球部は入部

制限が有りセレクションンを受けたり、野球での推薦入学が決まってる子供だけだと思うからです?

ちょいワル親父達の頃は入部希望者は全て入部出来たのですがね。

憧れだけでは入部出来ない現実が有ります、軟式野球部は誰でも入部出来るみたいですが。

これとて、決して軟式野球のレベルが低いと言う訳ではありません

野球に出会えたチビが、高校に行っても野球を続けると言うチビには嬉しく思います。

軟式、硬式そんなの関係ね~、ちょいワル親父みたいに途中で辞める事無く続ける事に意義がある。


親父の母校は滑り止めですから・・・・・・・・・・・が~ん
スポンサーサイト
今年の冬は暖冬との事だったが、反してとても寒い冬です。

三日連続マイナス10度以下とゆう日があった。今年のテーマは守り重視は変わらいが

今年のテーマは守り重視は変わらいが、打ち勝つ野球を目指すことにした。

練習をほとんど打撃練習に当てている、体育館内は打撃練習禁止ですが、知恵を出しガラス

など割らない様、練習をしています、カーテンを閉める為、日差しも入って来ない寒い中の練

習です。

まだまだ続く寒い中での練習、しかし子供達は元気です。

小六2名を加えて11名、計算高い子供は練習に出てきません、どうせ自分が居なければ

試合にならないと思っている、練習に来なくても試合に出れるとふんでいるのでしょう、しかし

ちょいワル親父は違います、練習に出ないのはたとえ上級生でも試合には使いません、

小六2名は学童の練習には出ています、3月になれこちらの練習に出てきます、先週せずに

試合などもってのほか、ちょいワル親父は厳格に対処します。

ライバル心が無い我チームの弊害でしょう。

困ったことです。













2008.02.22 嬉しい出来事
一昨日、BLOGを復活させた。

嬉しい事に早速コメントを頂いたうえに、その方のBLOGの記事にもして頂いた。

また、皆さんのコメントを励みにコツコツ更新していこうと思います。

昨日、チビの受検の付き添いで三十数年ぶりに我母校に行った、驚いた事に自分の野球部

時代の監督先生が居たのです。

受検が終わるまで時間があったので尋ねていった。

ちょいワル親父  「お久しぶりです」

監督先生     お前は誰・・・・・・? そんな顔をしていた

分かる訳など無いか、一年と一日しか野球部にいなかったから。

ちょいワル親父  「○○地区の○○です」

分かる訳ね~よな、影薄かったから。

ちょいワル親父  「女子バレー部の○○の弟の○○です」

当時、ちょいワル親父は高校では女子バレー部の○○の弟と先生達に呼ばれていた。

監督先生は思い出してくれたみたいです?

いいや、多分思い出したふりをしていたんだと思う。

思い出したとすれば、女子バレー部の○○は凄い。創部以来始めて全国大会に出場したから

印象深いかも?

変な記事になってしまいました、ではこのへんで失礼します。





長~い長~い間、更新しない間も、大勢の人にご訪問していただき感謝申し上げます。

季節柄、商売が忙しいのと、家のチビが高校受験と言う事でブログの更新をサボってました。

明後日に私立高校の受験です、ここまで来たら、まな板鯉です、ジタバタしてもしょうがない、

と、言う訳でブログ復活です。

ちょいワル親父は、高校受験の厳しさは経験有りません、安易な方法で高校に入ってしまっ

たから、チビに対して的確なアドバイスなど出来る訳など無く悶々とした日々を送っていました

ここにきて、お互い少しだけど余裕が出てきたかも・・・・・・・・・・・?

公立高校の受験も3月に控えてます、何れにせよ頑張って貰いたいものです。

高校に行っても、野球を続けたいと言うチビの願を叶えてやりたいと思っている、ちょい悪親父

です。

今年が監督業最後の年です、11名とマタマタ小所帯の我クラブ、でも頑張って行きますよ。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。