上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13人目の入部者が来ました、驚きですシニアに行くと言っていた子供

だったので正直驚きました。

チームで一番小さな子です、しかし学童野球の頃はキャプテンでした。

小学三年の頃より監督(祖父)コーチ(父)の元みっちり鍛え挙げられた子

です。

ちょいワル親父が思うには、少々なげやりなところががあるのが気に掛

かる、試合で負けてきたり、自分が三振などするとふてくされ泣いてい

た、まぁ祖父や父が監督、コーチなら仕方ない部分もあるなかな。

この日も、祖父に連れられて来た、本人はシニア行くか我クラブに行く

か悩んでいたようだが本人が決めて我チームに決めたと祖父は言ったが

どうも様子がおかしい、無理やり祖父が連れて来たようだった。

でも野球に対する情熱が元来ある子供なので上手に育てて行けたらと

思う。

監督業って楽じゃないですよ、練習とか試合とかの組み立てなどは良い

のですが、選手の起用等なかなか親は煩いですね、増してやちょいワル

親父の子がレギュラーですから。

昨年までは11人居たんですが二人は野球経験の無い子供でしたから

選手起用についての苦情は無かったのですがね。

今年は雑音が煩いですよ、二つのポジションを一年生6人で争うのだか

ら、ちょいワル親父の耳にも入って来るかな・・・・?

学童の時保護者会長をしていた時よく言われた、負けているんだから

家の子供を出してくれてもいいじゃん・・・・?

その父兄が一年生の父兄、ちょいワル親父は負けません。

今シーズン最後の試合だったらちょいワル親父も考えるかもしれない

しかし、年数回しかない大会、負けはしているが子供達は決して諦めて

いません、そんな時ちょいワル親父が試合を投げるような選手起用は

しません、一生懸命戦っている子供達に失礼だから。

まぁ、こんな事を言った事もあります、「そんなに、お手手繋いで野球

をしたければ自分達で仲良しクラブ作って下さい」


ちょいワル親父も切れました~














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/158-6cde93ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。