上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供達は命を懸けてやっている、審判の権限が強すぎる。高野連は考え

てほしい。これで監督を辞めろといえば辞める。

実際に中井監督が言ったのかは、ちょいワル親父がその場に居なかった

ので、安易に言えないが、監督の気持ちは理解できる。

しかし、審判とて人間、間違いは有る(今回の判定が間違っているかは

ちょいワル親父は分からない)、そのうえで我々は試合をしているんじ

あないのですか?

我母校が春の選抜大会の決勝戦、対広陵戦での事、外角低めのスライダ

ー、ことごとくボールの判定、ピッチャーに取っての生命線のボールを

ストライクを取ってくれない、結果、逆転負けの準優勝でした。

これとて、自分に都合の良い言い訳かもしれない。

実際に球審をしてみると、ほんと判定は難しいのです。

本当にストライクだったのかボールだったのかは、誰にも分からない

のでは、だから審判が必要ではないだろうか、一番近くに居る審判を

信用しなくてはいけないと思う。

条件は一緒、一方に偏った判定は無いと思うし、そう願いたい。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/189-d8d518dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。