上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打者にとって低めのボールほど長打にする事が難しいボールはない。

低めにさへ、ボールを集めていれば痛い目に遇う事が半減される、そこで投手は真ん中低めを狙って

投げる、多少内外角に逸れても好都合、かえって打者にとって打ちづらいボールになる。

低めをついたボールが浮いた時が怖い、長打になるからです、だから低めにボールを集める事に集中

する事が大切だそうです。

ストライクゾーンを9分割にして練習するのはプロでも至難の業、ましてや小中学生出来る訳有りませ

ん、そこで発想の転換、真ん中の低めのコントロールを付けさえすれば大丈夫、試合中には多少

ボールがばらつきますから、簡単に打たれないと言う事だそうです。

でも、難しいのが野球ですね。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/212-3de1ff53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。