上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッチボールは相手の胸に投げてやるのが基本。良く子供達に言っていた。

何故、と言われると何となく説明する事しか出来なかった。

その距離で正確に投げる事が出来ない者が、サードからファーストへ、外野からカットまで、カットから

ホームまで良いボールを投げる事が出来る訳がない、そのために必要と思われる。

しかし、そればかりじゃない事を知った。

チビ助の監督からのプリント
キャチャーの返球が定まらず、頭上にそれたり、横にそれたり、ワンバウンドだったりしたらどうか。

ピッチャーというのは集中力の持続が勝負だから、こんなささいなことでも、呼吸やリズムを乱す

投げる事だけに集中していたいのに、気持ちを「捕球」という動作に持って行かなければならない。

ところが、グラブをはめた肩口に毎回きちんと返してやれば「捕球」するという意識がなくても、ボール

はグラブにおさまり、ピッチャーは自然に次の投球に気持ちを集中していられる。どちらが良い結果に

なるか、言うまでもないだろう。

ボールをきちんと返すことは、思いやりであるとともに、ピッチャーを支える立派な技術でもあるわけだ

また、野手が正確な送球が出来るようになってきたら、一歩進んで、右利きの相手に、胸の中心

よりもやや右の肩口あたりにコントロールしてみよう。

そこで捕球したほうが、より早く次の送球に移れるのである。

たかがキャッチボールされどキャッチボール・・・・・・・深い深い。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/247-8b7d40bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。