上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.10 大先輩の話
先日、また大先輩から話を聞きました。

「ボールは下から見ろ」  「何故、内野手は姿勢を低く構えるか分かるか?」

素早く行動に移る為に、低く構えるのはあたりあえ、ボールのスピードが遅く感じるからだと言う


大学に入って、内野手は四年生の打球の速さに戸惑うそうです、グラブを出す前にもう打球が飛んで

来るそうで、ほとんどの一年生は胸に当てて前に落とすのに精一杯だそうです。

四年生ともなると。プロ予備軍ですから、高校レベルとはかなり違うようです。

そこで、体感する打球の速さを少しでも遅く感じる様にと、低く構えるそうです。

球速のあるピッチャーのボールを打つ時も、今までより少し低く構えて打つ事も重要だそうです。

自分で、工して日々の練習をするようにと、教えて戴きました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/248-c678bc74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。