上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷では今、WBCでの使用ボールの事が話題になっている。

縫い目の高さが日本のボールより低いとか、皮が滑りやすい皮だとか、ボールの重さ大きさに規定の

範囲内だがばらつきがあるとか等々言われています。

ピッチャーにとって縫い目の高さが日本のボールより低いのが、問題なのかな?縫い目に指先を掛け

ボールに鋭い回転を与えないと駄目と言われている、変化球などは縫い目が受ける抵抗により変化

するから、曲がりが小さいとか言われます。繊細な指先の感覚を大切にするピッチャーには辛いかも



軟式のボールにしてもメーカーにより、硬式のボールで言う縫い目が微妙に違うそうです、一般人

には分からないようですが。ちなみにちょいワル親父は分かりません。

軟式の高校野球の全国大会ではメーカーのマークを削り落としたボールを各メーカ混ぜて使用するそ

うです。ピッチャーにとって相性の良いメーカーのボールを練習で使うより、どのメーカーでも関係ない

よう各メーカーのボールを使ってピッチング練習をするそうです。

ちょいワル親父が中学生のクラブチームの監督をしていた時、各大会の前に抽選会があり、その時に

主催者にどのメーカーのボールを使うか聞いていたチームがいた、ピッチャー出身の監督でした。

今思えば、それよりもどのメーカーでも大丈夫と言う指導をした方が良いのでは、しかし、逆を言えば

それだけピッチャーの指先は繊細なのです。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/252-863b3904
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。