上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チビ助の監督は、見逃しの三振には非常に厳しい。

このところヒットが打てるようになったチビ助、昨日も逆転されたその直後、右中間の2点タイムリーで

逆転に成功、調子が上向いてきました。

次打席、送りバンドも一発で決めなかなかの滑り出しでした。

しかし三打席目、見逃しの三振、本人曰く「やてもうた」、当然、選手交代です。言うまでも無く

その後の試合にはチビ助の姿は無く、ひたすらランニングをしているチビ助でした。

一年生の時、上級生のお父さんから言われました「監督は見逃ししの三振には厳しく対処する」

と、確かに一年の時も見逃しの三振はありましあ、でもまだまだ一年という事で、大目に見ていた

のでしょう。

三年生のお父さん曰く「ボールがキャッチャーミットに収まってからでもバットを振らなきゃ、即交代」

その言葉は本当だったのです。

振らない事にはボールに当たらない、ボールさえ当たって前に飛べば何かが起こるから。

これでちび助も一人前と認めて貰ったのでしょう・・・・・・・・?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/276-49e31763
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。