上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習試合を、21日まで5試合したが全て1点差負け。

本大会まで残すところ一ヶ月を切りました、昨年より公式戦、練習試合等見てきたが、先取点を取ら

れると、追いつき逆転して勝つことが出来ない。

なかなか得点が入らないのが軟式野球です、1点とは言へ大変重い1点です。

この次期、メンバーを固定して戦う事は重要だと思うが、動かない事には点が入らないのでは?

最終回、代打を送ると言う事は、相手バッテリーに考える材料を一つ与える事によりペースを変える

代走を送ると言う事も、守備陣に対し足を警戒させ、考える材料を与える事によりミスを誘う事だと

思う。

控えの中には、守備が今一だがバッテングはチームでも優れたものを持っている、守備もバッテング

も今一だが、足だけはチームいち早い選手がどのチームにも居ると思う、控えの選手にも練習試合

と言えどもプレシャーの掛かる場面で起用し経験を積ませる事も必要ではないだろうか。






五試合に含まれていないのだが、一年生主体のチームで7回戦の試合をした。

当校七回の表を終わり3対0で勝っていた、七回の裏、相手の攻撃ツーアウト一二塁、代打登場

見事ライト前に運ぶ、ライト一塁へ投げようとするが一塁手ベース居ない、一瞬躊躇したためバック

ホームするが二者生還した。

なおもツーアウト二塁、代走が出てきた、たぶん足が速いのだろうと思う、守備側としてはワンヒットで

1点取られるかも、サードに盗塁するのではと、二つ余分に考える材料を与えられた、ここで冷静に

対処出来るかが問題です、結局サードに走りアウト試合終了でした。

10人監督が居れば、10人違う采配がある、今までと違う動きをしてみるのも良いかも。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/287-5aab4569
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。