上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッチボールの基本は相手の胸にボールを投げる、しかし子供達はなかなか相手の胸にボールがいかない。

そこで考えた、お互いの距離を15m開ける、自分達が立っている所より、左右2.5mの所にそれぞれポールを立ててキャッチボールを始める

ワンバウンド、ポールより外側、相手がジャンプしても取れないボール
、自分がボールを落とした時が負けのルールでのキャッチボール。

勝つには、スピードボールを投げかつポールの範囲内に投げ相手を左右に動かす、捕球から送球へのすばやい動作、正確な送球が要求される。

トーナメント方式で勝者を決めた、これが子供達に好評だった、ドッジボールの感覚で楽しく出来た練習です。

今では、雨降りの時の体育館での練習に取り入れています。

少しは考えたちょいワル親父
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/30-615966b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。