上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年生は一線を退いた、26日サッカーの大会が有り七人中五人が仕方

なくサッカーの大会に出た。

三年生の中に果たして練習に来る者が居るだろうか、情熱の無い三年生

きっと声を掛けても来ない、二人と自分だけの練習はキツイと思い急き

ょ練習中止。

学校教育と社会教育との対決、こちらは譲歩している、そのため過去に

人数不足の為大会出場を辞退した事がある、少人数の学校の為

(全校で68名)、スポーツ系の部活がサッカーしかない、その理由とは

中学生になっても野球はクラブチームがあるからとのことです。

二年生、一年生、小学校六年生と圧倒的に野球を部活でやりたいと言っ

てる者が多いがサッカー部なのです。

家の息子は一人で反旗を翻している、何の部活にも入っていない、本人

曰く俺は野球一筋無理してまでサッカーをしなくても良いんだ、との

こと。

学校長にも嘆願したがあっけなくノックアウト、見てくれる先生が

いないとのこと、しかしサッカー部の顧問だってサッカー知らない

じゃん、と息子は怒っている。

子供達がやるキャッチボール、ランニング等簡単な事を怪我の無いよう

見て貰うだけでも、ちょいワル親父は助かるのに。。。。。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasayavip.blog69.fc2.com/tb.php/68-00dc7443
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。