上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.02 一桁の背番号
明日から、新チームになって初めての大会です。

昨日、背番号を貰ってきました、なんと一桁の背番号でした。

正直ちょいワル親父はびっくりしました、二年生が8人だから当然一桁?そんなに甘い世界では

ありません、二年だからと言って保証されているわけでもないし、新チームになっての練習試合は

いつも途中出場だったからもしかして一桁の背番号は無いかも・・・・・・と思っていました。

チビ助、上機嫌での帰宅でした。

練習試合、二年生で一人だけ先発出場しないチビ助、腐る事も無く黙々と与えられたことをしていた

ちょいワル親父は正直面白くない、でもここで一言、言ってしまうと負け惜しみになってしまう、ぐっと

我慢のちょいワル親父でした。



全国大会から帰って来て、新型インフルエンザの為五日間学校が臨時休校でした。

その影響があり、例年ですと秋の大会前の遠征も中止、練習試合も21、22日までありません。

ここ三週間、ちょいワル親父は何もする事が無く退屈な週末を送っていました。

新チームのスタメンがトテモ気になっています、さてさて何処の守備位置に付くのか楽しみです。

チビ助達が主役の新チーム発進です。

あと一年ちょいワル親父もガンッバって行きますので、皆さん宜しくお願い致します。

本人曰くライトが定位置のようですが、またまたキャッチャーもと、乗り気です。

ちょいワル親父的にはキャッチャーが良いと思うのですが・・・・・・・・?

練習試合の結果、チビ助の活躍度(殆ど無いと思うが)、等々更新していきます、お楽しみに?。

二週続けて、土日と何も無かった。

全国大会から帰って来て、学校は次の日から5日間、新型インフルエンザの為臨時休校でした。

文化祭も延期、9月は就職試験、推薦入学の試験等がありこれ以上感染者を出す事が出来ない為

全校で8名が感染しただけでしたが臨時休校にしました。

お蔭様で感染者も増える事無く2日から学校再開でした。

昨年はこの時期練習試合をしてましたが、今年はまだありません。

二週続けて、ちょいワル親父は退屈でした。

いつもは、また練習試合の審判かよと、ぶーぶー言ってましたが、さすがに退屈、やっぱり野球も

審判も好きかも・・・・・・・?。
2009.09.01 初戦敗退
3対0完封負け。

当校、ヒット4本、相手校ヒット4本。

当校、失策6、相手校失策1。

二年連続で出場しない限り、最多出場でも初出場でも選手にとっては初めての大会には違いない。

そこで、普段通りの事が出来るか出来ないかの差です。

条件はどのチームも同じですが、精神力の差なのでしょう。

普段では考えられ無い失策、ツーアウト三塁、ショートゴロ、ファーストに送球、ミットに収めるも落球

皆、一同にため息「あ~ぁ」

親は顔面蒼白。

だからと言って、それが原因で負けた訳ではない。

エラーもあれば、三振もある、スタートが遅れて本塁憤死もあります、全て含めて野球です、打てない

事にはどうしょうもなかった。

技術、精神力全てを鍛えなおして再出発です。

秋季大会も近づいているのですが、新型インフルエンザの為、本日迄休校、吉と出るか凶と出るか。

入部以来初めて連続5日の練習休み、気を取り直して、さあ頑張って行きましょう。



試合は26日ですが、これから出発します。

飲む事はほどほどにして、一生懸命応援してきます。
第54回全国高校軟式野球選手権大会が、兵庫県の明石、高砂球場で25日より5日間の日程で行

なわれます。

チビ助達が27回目の出場を決め、明日、明石に向け出発します。

出場を決めてからも、休み無く毎日練習に行ってます、黒い顔が一層黒くなり夏の高校球児の顔にな

りました。

チビ助は二年生で控え、ちょいワル親父としては来年が本番、しかし来年行ける保証は無い、ちょい

ワル親父も24日の夜出て一生懸命応援して来ます。

地方新聞の片隅に小さく記事が載ると思います、皆様注目して頂ければ幸いです。



栃木遠征、昨年度優勝校と二試合しました。

相手が嫌がる攻撃をしてきます、一度失敗した攻撃方法でもう一度仕掛けてきます。

練習試合に出来ない事が、本番で出来る訳はありませ、だから出来るまで同じ攻撃をして来る。

タイムリーヒットが出ない時は、他の方法で1点を取りに来ます、盛んに動いて仕掛けて来ます。

我校は、依然僅差負けゲームが続いています、今週末から本大会が始まるのですが、依然おなじ

パターンで負けています。

試合も終盤、守備の回に選手を交代、「違うだろう」、この回に選手を変えるなら攻撃の回に代打を

出してでしょうが、・・・・・・・?

守備は今一だが、バッテングが良い選手が居るでしょう。

しかし、ヒットが出ると言う確信は無い、でも確率は今までよりは高いはず。

何もしないで負けるよりは納得すると思うのですが・・・・・・・?

他のベンチ入り選手は控え選手ではない、バット引きでもない、コーチャーでもない、たまたま先発出

場で無いのでその仕事をしているだけ、1点を取る為1点を守る為の切り札なのです。

切り札を使わずして僅差ゲームの勝ちは無い。







2009.06.26 本番近し
選手も大変だがちょいワル親父も大変です。

27、28日群馬遠征に同行。

1,2,3日が期末テスト。

4、5日、二校来校で計4試合。

11、12日栃木遠征同行。

その間、平日に、二業種3会の総会、で18日から本番です。

今までの修正すべき点が修正出来たのか、ちょいワル親父はこの目で確かめたいと思います。

選手達も、修正すべき点は分かっています、個々がいかに自覚し修正するのか見て来ます。





練習試合を、21日まで5試合したが全て1点差負け。

本大会まで残すところ一ヶ月を切りました、昨年より公式戦、練習試合等見てきたが、先取点を取ら

れると、追いつき逆転して勝つことが出来ない。

なかなか得点が入らないのが軟式野球です、1点とは言へ大変重い1点です。

この次期、メンバーを固定して戦う事は重要だと思うが、動かない事には点が入らないのでは?

最終回、代打を送ると言う事は、相手バッテリーに考える材料を一つ与える事によりペースを変える

代走を送ると言う事も、守備陣に対し足を警戒させ、考える材料を与える事によりミスを誘う事だと

思う。

控えの中には、守備が今一だがバッテングはチームでも優れたものを持っている、守備もバッテング

も今一だが、足だけはチームいち早い選手がどのチームにも居ると思う、控えの選手にも練習試合

と言えどもプレシャーの掛かる場面で起用し経験を積ませる事も必要ではないだろうか。






... 続きを読む
昨年も県大会は優勝したが、地区大会は準優勝だった。

今年も惜しくも準優勝だった。

その結果を引きずっているのか、13日14日に四校が遠征に来て計4試合したが全敗でした。

とにかく打てません、この先心配です。

本大会まであと一月、努力を重ねなければ今年も明石は無い。

ついにちょいワル親父デビュー。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。